Web

難病を発症してもプログラミングの専門性を身に付けられる!

難病を発症しても、頭と手が動けばプログラミングの専門性を身に着けることができます。それをサポートするオンラインスクールと、無料で利用できるWebサービスを紹介しています。たとえ歩けなくても、ベッドで作業しながら稼げる専門性を身に着けられるのではないかと思います。
フリーランス

5分で分かるフリーランス契約更新のための3つのポイント

フリーランサーの中には企業から業務委託契約という形で請け負っている方や、在宅ワークでクラウドソーシングの仕事を受注している方がいらっしゃるかと思います。本記事では、自身の経験を踏まえ、「フリーランスの契約更新のための4つのポイント」を紹介していきたいと思います。
フリーランス

専門性がないという悩み:英語と仕事の専門性を考える

専門性を身に付けるためのきっかけとは何でしょうか。自分にとって、そのきっかけは難病の発症とクライアントとの出会いでした。一歩を踏み出すことで状況を変え、仕事につなげるきっかけを得られるのは間違いないと思います。本記事では、専門性がなくて悩んでいた20代の時期からフリーランスになるまでの間を振り返ってみたいと思います。
Web

Webライター初心者が副業と英語で稼ぐ3つのポイント

今後業界で求められるWebライターとは、Googleの理念を理解し、読者の人間像をイメージした上で良質のコンテンツを発信できる能力を持った人物になりそうです。本記事では、私がWebライターとして活動してきた経験を踏まえ、「Webライター初心者が副業と英語で稼ぐ3つのポイント」を解説していきたいと思います。
フリーランス

難病で仕事ができない患者必見!Webデザイン・ライターの仕事

本記事では、難病治療と仕事との両立ができるフリーランスについて解説しています。難病患者のほとんどは、いつ終わるか分からない苦しみと向き合い続け、将来の生き方を模索してこられたのではないかと思います。それを言い換えると、新しい一歩を踏み出す強みにもなるのではないでしょうか。
体験談

原因不明の関節痛に「短期間」で対処するための3種類の検査!

本記事では「原因不明の関節痛に「短期間」で対処するための3つの検査」を紹介しています。私は2016年7月に強直性脊椎炎という難病を発症し、正式にその診断が下されるまで約1ヵ月かかりました。強直性脊椎炎というのは診断が難しい難病で、患者さんによっては診断まで数年かかることもあるようです。
フリーランス

好きなことを仕事にできるのかー難病患者がフリーランスで働くということ

読者の皆様が「フリーランス」と聞いた時の最初の印象は何でしょうか?ランサーズの統計によれば日本のフリーランス人口は17%となっており、働き方としてはまだ一般的とは言い難い状況です。本記事では、自身の経験を踏まえ、フリーランサーとしての生活を紹介していきたいと思います。
Web

オウンドメディアの運営を支援して稼ぐ!難病患者の挑戦!

本記事では、難病患者の個人事業主がオウンドメディアの運営支援で稼ぐ方法について解説しています。オウンドメディアで集客が可能となり契約先の売上が上がれば、成果報酬が発生するからです。これはWeb業界に関わる個人事業主や副業を続ける会社員にとって非常に重要なポイントです。ぜひ、ご覧になってみてください。
体験談

気候の変化と関節痛への対処法とは?強直性脊椎炎患者の視点

本記事では気候の変化と関節痛の相関を考えながら、症状を緩和する対応策について触れています。原因と対策については各所で論じられてますが、当事者の視点から申し上げると、ただ辛いです。時には何も考えずに休んでしまっていいのではないかと思います。
Web

海外取材を成功させよう!インタビューがうまくいく3つのポイント

海外取材でインタビューを成功させる3つのポイントを解説!海外取材でインタビューを行う場合には、事前に顧客へ記事提案を行い、納品後には検品作業が発生します。また、インタビューで話を聞く時のリスクマネジメントも必要です。それらを見越したインタビューを実施するのが、海外取材を成功させる大きなポイントとなります。
体験談

強直性脊椎炎の患者として夏をどう過ごしたか

強直性脊椎炎を発症したのは初めてだったので、一人だけで全てに対応するのは難しかったです。入院、検査、難病の診断、生物学的製剤、強直性脊椎炎特有の関節痛。その時に支えになってくれたのは、家族と友達の存在でした。
タイトルとURLをコピーしました