体験談

強直性脊椎炎の体験談について書いています。

フリーランス

専門性がないという悩み:英語と仕事の専門性を考える

専門性を身に付けるためのきっかけとは何でしょうか。自分にとって、そのきっかけは難病の発症とクライアントとの出会いでした。一歩を踏み出すことで状況を変え、仕事につなげるきっかけを得られるのは間違いないと思います。本記事では、専門性がなくて悩んでいた20代の時期からフリーランスになるまでの間を振り返ってみたいと思います。
フリーランス

難病で仕事ができない患者必見!Webデザイン・ライターの仕事

本記事では、難病治療と仕事との両立ができるフリーランスについて解説しています。難病患者のほとんどは、いつ終わるか分からない苦しみと向き合い続け、将来の生き方を模索してこられたのではないかと思います。それを言い換えると、新しい一歩を踏み出す強みにもなるのではないでしょうか。
体験談

原因不明の関節痛に「短期間」で対処するための3種類の検査!

本記事では「原因不明の関節痛に「短期間」で対処するための3つの検査」を紹介しています。私は2016年7月に強直性脊椎炎という難病を発症し、正式にその診断が下されるまで約1ヵ月かかりました。強直性脊椎炎というのは診断が難しい難病で、患者さんによっては診断まで数年かかることもあるようです。
体験談

気候の変化と関節痛への対処法とは?強直性脊椎炎患者の視点

本記事では気候の変化と関節痛の相関を考えながら、症状を緩和する対応策について触れています。原因と対策については各所で論じられてますが、当事者の視点から申し上げると、ただ辛いです。時には何も考えずに休んでしまっていいのではないかと思います。
体験談

強直性脊椎炎の患者として夏をどう過ごしたか

強直性脊椎炎を発症したのは初めてだったので、一人だけで全てに対応するのは難しかったです。入院、検査、難病の診断、生物学的製剤、強直性脊椎炎特有の関節痛。その時に支えになってくれたのは、家族と友達の存在でした。
体験談

強直性脊椎炎は治るのか?【体験談】

強直性脊椎炎は、治療法が見つかっておらず、病院の診断でも「病気とうまく付き合っていかなければいけません」と言われることがほとんどです。ですが、難病を発症しても、やり方と考え方次第でその後の人生を前向きに生きていけます。
体験談

強直性脊椎炎の発症から考える仕事に対する意識の変化

強直性脊椎炎の発症から考えた意識の変化は主に2つありました。専門性を持つことと人脈の構築です。身体がどのような状態になっても専門性を持っていれば仕事をこなす可能性が残りますが、人とのつながりを大切にすることで継続して仕事を受注することができます。
体験談

難病を発症しても海外で仕事をしたい

難病を発症しても、プロセス次第で海外で仕事をすぐことは可能です。まずは心身のケアに努め、専門性を身に付けて独立し、語学力も習得するプロセスを経ることで自己実現できます。筆者が自身の経験を振り返り、そのプロセスを説明していきます。
体験談

難病・強直性脊椎炎を抱えながら、フリーランサーとして働く

難病患者が専門性を身に付け、フリーランスの仕事に向かうプロセスについて書いています。在宅やリモートワークに対応する可能性がある関係でプログラミングを紹介していますが、一番大事なのは健康管理ということも付記しています。
体験談

難病・強直性脊椎炎の発症からWebのフリーランスまで

難病・強直性脊椎炎を発症した個人事業主がホームページを開設した経験を記述しています。サーバーの契約、広告収入、クラウドソーシング、フリーランスについて触れています。
タイトルとURLをコピーしました